冷静に避難できるように話し合おう

避難するための準備をしておこう

物資が途絶えても大丈夫

災害が起こった時は、物流が途絶える可能性があります。
すると避難所に行っても、食料がないので困ります。
自分たちで食料を持って行けば、物資が途絶えても安心できます。
安全な場所に行っても、食べるものがないと人間は生きていけません。
乾パンやビスケットなど、賞味期限が長いものを用意すると良いですね。

最近はレトルト食品も、たくさんあります。
温めなくて良いレトルト食品は、災害で電気やガスが使えない時でも助かりますね。
レトルト食品の食べ方を、普段から知っておきましょう。
もちろん水の確保も必要です。
人間は1日に、1リットルほどの水を飲むと言われています。
食料は3日分用意するのが一般的なので、3リットルの水を持って避難してください。

明かりを確保しておこう

昼間に災害が起こった場合は、周囲が明るいので簡単に避難することができます。
ですが夜に災害が起こることもあるので、その場合は自分で明かりを用意しなければいけません。
普段は街灯が点灯されていますが、災害の影響で停電になっていることが考えられます。
懐中電灯があれば、安心して避難できるでしょう。

ロウソクを明かり代わりにする人が見られますが、火事の危険がありますし、大雨や強風が吹いている時は外で使えないので避けた方が良いです。
ラジオと一体になっている懐中電灯なら、周囲の情報も聞けるので災害の時に役立つでしょう。
災害時はテレビやインターネットも見られないことが多いです。
情報は、ラジオを通して聞くのが最も良いでしょう。